皮膚が薄く、小じわやたるみができやすい目元のスキンケアは、特に入念に行うことが重要です。乾燥しやすいことも、目の近くの皮膚の注意点です。顔の他の部位の皮膚よりもずっと薄く、皮脂腺が少ない場所になります。美容液の中には、目元専用のものがありますので、スキンケアの時に使ってみるといいでしょう。保湿ケアをきちんとしておくことが、目元のスキンケアでは大事なところです。どんな美容液がいいのかは、その人その人の肌のコンディションによります。目元の小じわを解消したいなら、保湿にいい成分がプラスされている美容液が適しています。ヒアルロン酸や、セラミドといった成分が含まれている美容液がよいと言われています。ビタミンC誘導剤や、レチノールが含まれている美容液は細胞を補修したり、乾燥を防いでくれる作用が得られるため、深いしわをケアしたいという人が使うといいでしょう。そのほか、目元の皮膚に色素沈着によるくまがあるのは、皮膚の水分不足や、肌荒れと関係があります。皮膚の色素賃沈着に対しては、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体などか有効です。保湿効果を高めたい場合は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などを配合している美容液が多いようです。コラーゲン、セラミド、プラセンタ、ビタミンC誘導体などが配合されている美容液は、皮膚がたるみやすくなっている人や、しわが目立つという人におすすめです。デリケートな目の周りの皮膚に美容液をつけたいという時は、皮膚を摩擦したり、こすらないように、十分に注意をしてください。